簡単なリフォーム

会社に勤務している

壁をペンキで塗っていくなら

道具の扱いが簡単で、材料費も安く済むリフォームと言えば、部屋の壁をペンキで塗ることでしょう。ペンキの必要量は、厚く塗るか薄く塗るかで変わってきますが、重ね塗りを前提に多めに調達しておくことです。塗っている最中にペンキが無くなってしまうと、作業を中断して買いに行かなければなりません。効率的ではないので、多めに買っておいて余ったら保管するようにしましょう。 また、室内の壁を塗るならば、水性の室内用のペンキを使うことです。油性よりも取り扱いがはるかに楽なので、DIY初心者でも作業がしやすくなります。最近は、DIYリフォームが当たり前のようになってきていることもあって、壁紙に直接塗れるペンキも豊富です。

きれいに仕上げるだけが全てではない

ペンキで壁を塗るリフォームは簡単ですが、ただ塗っただけではどうしても野暮ったい仕上がりになります。しかし、ちょっとした工夫で斬新な壁にすることは可能です。 壁を塗るときは、基本的にハケかローラーバケを使います。それらを使いながらも、ペーパータオルやスポンジなども塗り道具として使うと、壁に模様をつけることができます。ペーパータオルを丸めて塗装面に押し当てたり、スポンジを押し当てると模様がついて味が出るのです。指で模様をつけると言う方法もあります。もし模様が気に入らなければ、もう一度塗り直しましょう。 壁の塗り替えのリフォームは、きれいに仕上げるだけが全てではありません。楽しみながら行うことも大事です。